年間を通じた安定収益策を支援運転資金確保でスムーズな創業を実現 | よろず支援拠点全国本部

TOP全国の支援事例年間を通じた安定収益策を支援運転資金確保でスムーズな創業を実現

年間を通じた安定収益策を支援運転資金確保でスムーズな創業を実現

公開日: / 都道府県:鳥取県 業種:サービス 課題: 創業

ほっこりよもぎ家 kizuku

代表者:高濱 ルミ子(たかはま るみこ)
住 所:鳥取県八頭郡若桜町つく米635-219
電 話:080-7822-4941

公開日:
都道府県:鳥取県/業種:サービス/課題:創業

ほっこりよもぎ家 kizuku

代表者:高濱 ルミ子(たかはま るみこ)
住 所:鳥取県八頭郡若桜町つく米635-219
電 話:080-7822-4941

目次

  1. 創業にあたり店舗改修コストは予想以上 何とか負担を減らせないか相談したい
  2. 年間を通じた収益確保策へ、新サービス検討と 店舗改修のコスト削減が重要
  3. 温泉施設への“お試し”出張サービスと 店舗でのフルサービス提供を提案
  4. 改修コスト削減で資金面に余裕を持った創業達成 出張サービスが好評、年間を通じた収益策も確保

創業にあたり店舗改修コストは予想以上 何とか負担を減らせないか相談したい

8年間の看護師経験とセラピスト資格を持つ相談者は、よもぎ蒸し・足つぼ・腸もみ等のサービスを提供したい、と創業を検討。しかし、店舗改修コストが予想以上に高い。何とか負担を減らせないかと創業補助金の申請および融資申込に伴う事業計画検討のために当拠点を訪れた。

年間を通じた収益確保策へ、新サービス検討と 店舗改修のコスト削減が重要

相談者がすでに作成していた事業計画書を基にヒアリングすると、店舗予定地が冬場は積雪で来店困難となるため、年間を通じて稼働できない状況を確認。また、それにもかかわらず、店舗の改修コストが高く財務面の安定が難しいことが判明。さらに、当初想定していたサービスの単価が低く、収益性に難があった。そこで、「年間を通じた収益確保に向け、付加価値の高い新サービスの検討」と「店舗改修コストの削減」の課題が指摘された。

温泉施設への“お試し”出張サービスと 店舗でのフルサービス提供を提案

Coは、収益確保策として温泉施設等への出張サービスも行うことを提案。出張サービスの価格は“お試し”要素もふまえた割安価格とし、店舗では付加価値の高いフルサービスを提供する、というリピーターを獲得できる2段構えの体制を提案。さらに店舗改修コストに関しては、一級建築士であるCCoが、改修の必要な個所を分析。どのように改修するとコストが削減できるかを助言。最終的には、2階建て物件のうち改修箇所を1階に集約させることでコスト低減を図った。

改修コスト削減で資金面に余裕を持った創業達成 出張サービスが好評、年間を通じた収益策も確保

改修コスト削減により資金面の余裕が生まれ、蓄えを過度に投入することなくスムーズな創業を実現。店舗完成前から行っていた出張サービスが功を奏し、オープンと同時に安定的な来店客数の確保も可能となった。また、近隣の温泉施設等からも出張サービスの声がかかり、課題の一つであった店舗での営業ができない冬期の収益確保の見通しも立てることができた。

支援した拠点

鳥取県よろず支援拠点

関連記事