トータルビューティーを提供する次世代型サロン コロナ禍での経営再建に成功 | よろず支援拠点全国本部

TOP全国の支援事例トータルビューティーを提供する次世代型サロン コロナ禍での経営再建に成功

トータルビューティーを提供する次世代型サロン コロナ禍での経営再建に成功

2005年に開設した、長崎市の中心である浜ノ町商店街に位置する美容室。長崎では珍しくヘアアレンジを得意としており、他社にない技術とファッション感覚が支持されている。また、近年はヘアメニュー以外にも力を入れており、「ワンストップ型のトータルビューティー」をコンセプトに事業を展開している。

公開日: / 都道府県:長崎県 業種:サービス 課題: 経営改善・事業再生

アーティカル合同会社

代表者:代表者 桑野 原樹(くわの げんき)
住 所:〒850-0852 長崎県長崎市万屋町1-23 あこやビル2F
電 話:095-829-2627

2005年に開設した、長崎市の中心である浜ノ町商店街に位置する美容室。長崎では珍しくヘアアレンジを得意としており、他社にない技術とファッション感覚が支持されている。また、近年はヘアメニュー以外にも力を入れており、「ワンストップ型のトータルビューティー」をコンセプトに事業を展開している。

公開日:
都道府県:長崎県/業種:サービス/課題:経営改善・事業再生

アーティカル合同会社

代表者:代表者 桑野 原樹(くわの げんき)
住 所:〒850-0852 長崎県長崎市万屋町1-23 あこやビル2F
電 話:095-829-2627

目次

  1. 相談のきっかけ
    新型コロナ感染症の影響で事業継続の危機
  2. 現状分析・課題設定
    来客数の激減により資金ショートの危機 資金調達とキャッシュアウトの最小化が最優先
  3. 提案・実行支援
    一時的な休業によりキャッシュアウト最小化と技術習得を図る
  4. 支援成果と今後の展望
    コロナ禍に負けない攻めと守りの経営を実現

相談のきっかけ
新型コロナ感染症の影響で事業継続の危機

相談者は10年間の修業を経て、2005年に美容院を開設。トータルビューティが提供できる次世代型サロンの展開を目指し、当初は新たなサービスメニューの導入やブランディングの手法についてなど、前向きなテーマで当拠点に来訪していた。しかし、新型コロナウイルス感染症の影響により業況が一変。事業継続すら危ぶまれる状況となった。

現状分析・課題設定
来客数の激減により資金ショートの危機 資金調達とキャッシュアウトの最小化が最優先

COが同店の販売実績の推移、資金繰りなどを確認すると、コロナ禍により同店への来店客数は激減し、新たな資金調達を行わなければ、資金繰りは2か月と持たないことが判明した。COは相談者と問題を共有し、資金調達は言うまでもなく、キャッシュアウトを最小化する事が最優先課題であるという認識を一致させた。さらに、業況が長期間改善しない可能性も想定し、新たな技術サービスの導入等による新規顧客の獲得に取り組むことも課題とした。

提案・実行支援
一時的な休業によりキャッシュアウト最小化と技術習得を図る

COはセーフティネット保証制度の活用による資金調達を提案。相談者は資金繰り表の作成や金融機関とのやり取りに不慣れであったため、COは適宜アドバイスを行い、申請をサポートした。また、キャッシュアウトを最小限にするため、一時的なサロンの休業と雇用調整助成金の計画的な活用等を提案。その休業期間等を活用し、相談者がかねてより検討していた新たなエクステ技術の習得に、3名のスタイリスト全員が取り組むこととなった。

支援成果と今後の展望
コロナ禍に負けない攻めと守りの経営を実現

セーフティネット保証制度については、金融機関担当者に対する業況の説明や改善案の提示がうまくいき、希望額どおりの満額融資と既存借入金の一本化が実現できた。また、県内でも珍しいエクステ技術の導入により、新たな顧客の獲得に成功、同サービスメニューの予約が殺到している。従来サービスの売上高は前年同月の7割程度までしか回復していない中で、全体の売上高は前年同月を2割程度上回っている。

事例を振り返って

当サロンはコロナショックによる急激な売上高の落ち込みを受けて、資金ショートの危険性が非常に高い状況となっていた。そこで資金繰り表や資金収支計画の作成などをサポ―トして、スピード感のある対応を行うことを優先して支援した。

相談者の声

売上が落ち込み、このままではサロン経営が続けられなくなるのではと不安に襲われた。しかし、店舗を一時休業して生き残りを図る策など、自分の考えにはなかった提案もいただき、結果として難局を乗り切ることができた。

支援した拠点

長崎県よろず支援拠点

関連記事