需要・売上低下を懸念 新商品開発を通じ 経営力と認知度向上 | よろず支援拠点全国本部

TOP全国の支援事例需要・売上低下を懸念 新商品開発を通じ 経営力と認知度向上

需要・売上低下を懸念 新商品開発を通じ 経営力と認知度向上

公開日: / 都道府県:鳥取県 業種:製造 課題: 売上拡大

有限会社京屋菓舗

代表者:代表取締役 中山 義誠
住 所:〒680-0841 鳥取県鳥取市吉方温泉2-511
電 話:(0857)22-2355

公開日:
都道府県:鳥取県/業種:製造/課題:売上拡大

有限会社京屋菓舗

代表者:代表取締役 中山 義誠
住 所:〒680-0841 鳥取県鳥取市吉方温泉2-511
電 話:(0857)22-2355

目次

  1. 相談のきっかけ
  2. 支援の流れ
  3. 支援成果と今後の展望

相談のきっかけ

京の伝統を鳥取に。昭和8年創業の和菓子店

京都で修業した先々代が昭和8年に創業した鳥取の和菓子店。数々の受賞歴ももつ。直営店2店のほか、JR鳥取駅など市内に複数の売場を展開。相談者は事業を承継した3人。和菓子需要の低迷に伴う将来の売上低下を懸念し、当拠点を訪れた。経営力アップと店の知名度向上を目指し、鳥取らしい新商品開発に取り組むことにした。

支援の流れ

支援成果と今後の展望

新商品「砂CUBE」が手土産として売上好調
経営計画に従って持続的な成長を目指す

新商品「砂CUBE」は、構想から約1年で商品化。原価計算や品質、価格設定、PR方法などを共に議論し、相談者らが主体的に取り組めるようにした。手土産として好評で、発売20日で売上30万円を達成。今後は策定した経営計画に基づき、販路開拓や内部管理の強化を進める。

事例を振り返って

若い相談者らが自信をもてる取り組みから着手するようにした。既存商品の刷新を経て、伝統の技術を生かした新商品開発を実現できた。情報の共有化や、プレスリリースへの助言など、取り組み実行の後押しに注力した。

相談者の声

良い新商品を作ることができた。助言に従ってプレスリリースでアピール。メディアに取り上げられ、売上と認知度の向上につながり、自信にもなった。

支援した拠点

鳥取県よろず支援拠点

関連記事