高級バッグ専用シルクスカーフカバーの開発と販促支援で安定的な創業達成 | よろず支援拠点全国本部

TOP全国の支援事例高級バッグ専用シルクスカーフカバーの開発と販促支援で安定的な創業達成

高級バッグ専用シルクスカーフカバーの開発と販促支援で安定的な創業達成

公開日: / 都道府県:徳島県 業種:製造 課題: 創業

株式会社ムーア

代表者:平井 泰子(ひらい やすこ)
住 所:徳島県鳴門市大津町木津野字養父の内41番地4
電 話:088-635-8778

公開日:
都道府県:徳島県/業種:製造/課題:創業

株式会社ムーア

代表者:平井 泰子(ひらい やすこ)
住 所:徳島県鳴門市大津町木津野字養父の内41番地4
電 話:088-635-8778

目次

  1. 革製高級バッグ専用カバー商品を考案 製品開発や起業方法がわからない
  2. ターゲット層に見合った 品質の高さを重視した製品開発と販促が鍵
  3. 革製高級バッグ用シルクスカーフをコンセプトに 高度な縫製技術を持つ事業者との契約を提案
  4. コンセプト通りの商品が完成 補助金の採択により販路も拡大

革製高級バッグ専用カバー商品を考案 製品開発や起業方法がわからない

相談者は、革製高級バッグの「水気に弱い」という弱点を補いつつ、見た目の美しさも兼ね備えた専用カバーをつくり、製造販売できないかと考えていた。しかし、製品アイデアはあるものの、起業方法や製品開発、特許等の知的財産権の取得方法などがわからず、徳島県知財総合支援窓口の紹介で当拠点を訪れた。

ターゲット層に見合った 品質の高さを重視した製品開発と販促が鍵

Coは、製品コンセプトや強みの確認、ターゲット層を明確にするためマーケティング調査を実施。革製高級ブランドバッグユーザーはブランド・ロイヤルティが高く、潜在的ニーズは見込まれると判断。こうしたユーザーが積極的に使用したくなる「質の高い製品開発」と、「販促活動」が課題とした。

革製高級バッグ用シルクスカーフをコンセプトに 高度な縫製技術を持つ事業者との契約を提案

相談者とのディスカッションを重ね、商品コンセプトを「バッグカバー機能を持つ撥水性のある国産シルクの高級スカーフ」にした。開発には、素材とデザイン、さらに縫製の品質も重視することを助言した。高級スカーフの条件である縁縫い製法「ルロタージュ」ができる事業者とのマッチングを提案すると、相談者は事業者に直接出向き、外注加工契約を結んだ。またCoは、連携支援機関であるそごう徳島店で商品を紹介する場を設け、販路拡大の費用捻出のために、「小規模事業者持続化補助金」の申請を支援。さらにタウン誌への広告展開も支援した。

コンセプト通りの商品が完成 補助金の採択により販路も拡大

Coと連携支援機関の協力のもと、シルク素材では難しい撥水加工やスリット加工を無事クリアし製品化に成功。四国のTV番組で特集されたほか、そごう徳島店では、これまでにない魅力的な商品であることが評価され販売契約を締結。お得意様向けに特別に案内するロイヤルサロンでの販売も始り、安定的な創業を達成した。

支援した拠点

徳島県よろず支援拠点

関連記事