重点商品による販売戦略策で会社全体の売上総利益が4%増 | よろず支援拠点全国本部

TOP全国の支援事例重点商品による販売戦略策で会社全体の売上総利益が4%増

重点商品による販売戦略策で会社全体の売上総利益が4%増

公開日: / 都道府県:長崎県 業種:製造 課題: 経営改善・事業再生

あつみ産業株式会社

代表者:竹下 徹(たけした とおる)
住 所:長崎県島原市湊町55-1
電 話:0957-62-3121

公開日:
都道府県:長崎県/業種:製造/課題:経営改善・事業再生

あつみ産業株式会社

代表者:竹下 徹(たけした とおる)
住 所:長崎県島原市湊町55-1
電 話:0957-62-3121

目次

  1. 低収益により資金繰りが厳しいため 経営改善に取り組みたい
  2. 「天熟食パン」を看板商品としてPRすることと それにあわせた店舗レイアウトの改善が課題
  3. 「天熟食パン」のこだわりの製法をPRする販売戦略 コストのかからない店舗レイアウト改善を提案
  4. リピート客を獲得し「天熟食パン」の売上前年比40%増 店舗全体でも売上5%増を達成

低収益により資金繰りが厳しいため 経営改善に取り組みたい

相談者は平成17年から現在のパン製造・販売店『石窯工房ぷらむ』の事業を開始。パン作りのノウハウを一から学び直し、真摯にパン作りに向き合った結果、同事業は黒字転換していたが、元々の事業である学校給食の委託販売事業で採算が取れず、会社全体の収益性は低いままであった。さらに金融機関への改善計画の利益目標に達しておらず、経営改善に取り組む必要性を感じていた相談者。そうした状況の中、相談者の顧問税理士が当拠点のCCoと知り合いだったことから、当拠点の活用をすすめられ、相談に至った。

「天熟食パン」を看板商品としてPRすることと それにあわせた店舗レイアウトの改善が課題

代表と相談者である専務のヒアリングから、競合店や主要顧客の属性、購買行動の特徴など分析。CCoは現店舗の商品・価格設定の調査も行った結果、他店と差別化できている商品が数多くあり、特に「天熟食パン」はリピーターも多い人気商品であることが判明。しかし、全商品に自信とこだわりを持っていたため、逆に総花的な販売戦略になっており、商品の個性が伝わりにくい状況であった。また、店舗レイアウトも確認すると、多くの改善点があった。そこでCCoは、販売促進のためにも「1番人気の“天熟食パン”を看板商品としてPRする販売戦略を立てること」、それにあわせた「店舗レイアウトの改善」が課題とした。

「天熟食パン」のこだわりの製法をPRする販売戦略 コストのかからない店舗レイアウト改善を提案

店舗の販売促進に向け、「天熟食パン」を看板商品としてPRしリピート客獲得を狙う販売戦略案を提案。「天然酵母使用で3日間熟成するこだわりの製法」をアピールするPOPを設置し、焼き上がりの時間帯や予約受付なども表記するよう助言した。また、店舗レイアウト改善に実績のある専門家と連携し、陳列方法の改善策を提案。エンド陳列を活用した戦略商品の販売強化、デッドスペース活用した季節商品のPRなど、実践的でコストがかからない提案をした。

リピート客を獲得し「天熟食パン」の売上前年比40%増 店舗全体でも売上5%増を達成

看板商品としてPRしていったことと、商品陳列等店舗レイアウトの改善により、来店客数が増加。そのリピート率の高さから、「天熟食パン」の売上は前年比40%増と大幅に拡大。客単価自体は前年度とほぼ変化していないが、販売戦略の狙い通り客数が増加したことで、店舗全体で見ても前年対比で売上5%増となり減少傾向にあった売上高に歯止めをかけることができた。

支援した拠点

長崎県よろず支援拠点

関連記事