業界特性を踏まえた戦略でビジネスモデルを軌道に乗せる | よろず支援拠点全国本部

TOP全国の支援事例「プリザーブド盆彩」をインテリア雑貨としてPR
BtoB市場へ販路開拓し、新規顧客獲得

「プリザーブド盆彩」をインテリア雑貨としてPR
BtoB市場へ販路開拓し、新規顧客獲得

公開日: / 都道府県:秋田県 業種:製造 課題: 売上拡大

グリーン工房 千里

代表者:黒木 千賀子(くろき ちかこ)
住 所:秋田県秋田市外旭川三千刈161 有限会社秋田園芸資材内
電 話:080-2810-9989

公開日:
都道府県:秋田県/業種:製造/課題:売上拡大

グリーン工房 千里

代表者:黒木 千賀子(くろき ちかこ)
住 所:秋田県秋田市外旭川三千刈161 有限会社秋田園芸資材内
電 話:080-2810-9989

目次

  1. 魅力を伝えきれず売上が思うように上がらない プリザーブド盆彩事業を強化していきたい
  2. 価値を理解してくれるターゲットへの販路開拓に向けて 商品コンセプトや販売価格などの再設定が課題
  3. BtoBへの販路開拓をめざし、インテリア雑貨として 観光飲食業へのアプローチを提案
  4. 受注も増え、BtoB市場での地位を確立 既存事業も売上前年度比2倍で事業は安定

魅力を伝えきれず売上が思うように上がらない プリザーブド盆彩事業を強化していきたい

 

プリザーブド盆栽の売上拡大を狙い、種苗関係の展示会や生花関係の販売先など既存の流通経路への営業を行っていた相談者。既存販売先に協力者はいたものの、生の盆栽とプリザーブド盆彩の差別化が難しく、商品の魅力がなかなか消費者に伝わらず悩んでいた。プリザーブド盆彩を主軸として製作・販売を強化していくために、何をどのように進めていくべきか、当拠点に支援を求めた。

価値を理解してくれるターゲットへの販路開拓に向けて 商品コンセプトや販売価格などの再設定が課題

 

Coはプリザーブド盆彩に類する商品の購入者、購入の方法、購入目的などについて情報を収集。その結果、既存の販売場所では商品価格と顧客層にギャップがあるため、これ以上の売上拡大は見込めないと分析。そこで、「商品価値を理解してくれるターゲットへの販路開拓に向けて商品コンセプトや販売価格を再設定すること」を課題とした。
また一見類似とみられる他社商品との差別化も必要であった。そして相談者が苦手意識のある取引条件、原価や仕入、値付けなどについて力を入れる必要があると確認した。

BtoBへの販路開拓をめざし、インテリア雑貨として 観光飲食業へのアプローチを提案

Coはプリザーブド盆栽の魅力を「手間をかけずに上質の和空間を演出できること」と考え、インテリア雑貨としてPRすることを提案。「旅館、和食店など観光飲食業」など「BtoB」への販路拡大に向け、各種展示会等への出展をすすめた。また、他社商品との差別化に向けて、連携した各支援機関の協力を得ながら、商標整備を提案した。
相談者は、Coの協力を得ながら、補助金獲得や展示会にも出展。販路開拓に向けた商品開発や試作品製作、営業活動を行っていった。また、そうした取組みの中、相談者の意欲も増し、既存事業の売上拡大にも力を入れ始めた。

受注も増え、BtoB市場での地位を確立 既存事業も売上前年度比2倍で事業は安定

相談者は、商標登録の査定も受け、「プリザーブド盆彩千里」のブランディング化に成功。インテリア雑貨として販売会・展示会へのアプローチにより、問い合わせや引き合いが増加。さらに観光飲食業への営業も実を結び、東京・銀座の飲食店にも納品された。
既存事業のフェイクフラワー事業は、同県内企業とマッチングが成立し売上は前年度3倍を記録。ハーバリウム・植栽事業は、作業の品質や技術が評価され、原価や仕入などの工夫により前年度2倍の売上となり事業は安定化している。

支援した拠点

秋田県よろず支援拠点

関連記事