水耕栽培キット開発 ニーズを捉え デザインを改良し急成長 | よろず支援拠点全国本部

TOP全国の支援事例水耕栽培キット開発 ニーズを捉え デザインを改良し急成長

水耕栽培キット開発 ニーズを捉え デザインを改良し急成長

公開日: / 都道府県:兵庫県 業種:建設 課題: 売上拡大

有限会社グリーンスペース造園

代表者:代表取締役 小山 茂樹
住 所:〒655-0852 兵庫県神戸市垂水区名谷町3173-215
電 話:(078)795-4680

公開日:
都道府県:兵庫県/業種:建設/課題:売上拡大

有限会社グリーンスペース造園

代表者:代表取締役 小山 茂樹
住 所:〒655-0852 兵庫県神戸市垂水区名谷町3173-215
電 話:(078)795-4680

目次

  1. 相談のきっかけ
  2. 支援の流れ
  3. 支援成果と今後の展望

相談のきっかけ

40年の信頼と実績をもつエクステリア設計・施工会社

新築建売住宅のエクステリア設計・施工会社として、昭和54年に創業した。近年はバリアフリー対応のリフォームなども手掛ける。少子高齢化を背景に、エクステリア事業は頭打ちに。多角化を目指し、新商品の水耕栽培セット「浮かせてキット」を開発した。商品には自信があるが売り方が分からず、販路開拓支援を得るために当拠点を訪れた。

支援の流れ

支援成果と今後の展望

新商品の事業化に成功。売上は前期の4倍に
高齢者が活躍する農業現場での活用も

販路開拓の過程で、屋上など広いスペースでのニーズが多いことが分かり、高単価な大型商品を投入したことで、売上は前期の4倍を達成した。今後は、水耕栽培の特色を生かし、高齢者や障害者が活躍する農業現場で役立てたい。

事例を振り返って

当初、商品は家庭菜園向け小型タイプで、「手づくりキット」のような雰囲気が強く、売上拡大には限界があった。相談者が創り上げた商品の新規性と独自性を守ることに気を付けながら、エクステリアの一環となるようデザインの改良を助言した。

相談者の声

良い商品を作った自負はあったが、どう売ったら良いか分からなかった。COには何でも話すことができ、信頼関係の下、根気よくアドバイスをもらえて感謝している。

支援した拠点

兵庫県よろず支援拠点

関連記事