アートパネル教室から売れるファブリックパネル商品づくりへ | 中小企業・小規模事業者のための経営相談所 よろず支援拠点

TOP全国の支援事例アートパネル教室から売れるファブリックパネル商品づくりへ

アートパネル教室から売れるファブリックパネル商品づくりへ

子育てにひと段落した主婦が趣味として始めた、ファブリックパネルの制作とアートパネル教室。 経営ノウハウがなく伸び悩んでいたが、支援を受け、ビジネス構想が大きく広がる。

公開日: / 都道府県:滋賀県 業種:小売 課題: 創業

アプリシエイト

代表者:糸井 弓鈴(いとい ゆり)
住 所:滋賀県大津市
URL:https://ameblo.jp/yuries1101/

子育てにひと段落した主婦が趣味として始めた、ファブリックパネルの制作とアートパネル教室。 経営ノウハウがなく伸び悩んでいたが、支援を受け、ビジネス構想が大きく広がる。

公開日:
都道府県:滋賀県/業種:小売/課題:創業

アプリシエイト

代表者:糸井 弓鈴(いとい ゆり)
住 所:滋賀県大津市
URL:https://ameblo.jp/yuries1101/

目次

  1. 趣味で始めた制作をビジネスにしたかった
  2. インテリア雑貨として商品力の強化を提案
  3. 展示・即売会を実施 新たな作風にも挑戦
  4. 展示・即売会は好評 今後の課題も明確に

趣味で始めた制作をビジネスにしたかった

相談者は双子を持つ主婦として子育てに専念していたが、子供の成長とともに時間に余裕が生まれた。そこで、かねてより大好きであった木製のパネルに布(ファブリック)を貼り付けたインテリア「北欧ファブリックパネル」の制作を開始。平成21年にはアートパネル教室を主宰するようになった。制作したパネルの販売も行っていきたいと思っていたが、経営経験が無く、事業展開の方向性に悩んでいた。
そんな折、近所の図書館で手に取ったチラシをきっかけに参加した女性起業家の集まるセミナーを通じて、当拠点を知り、相談に至った。

インテリア雑貨として商品力の強化を提案

教室の運営のみでは限界があるが、インテリア雑貨としてパネルを販売すれば事業成長の余地はあると判断。商品のPRポイントの整理、及び実現に向けたターゲットの明確化と商品力の強化が課題であると分析。そこで、欧風パネルにこだわることなく、和テイストを融合した「滋賀の高島ちぢみ」や「京都の西陣織」等、日本らしさを醸し出す独自の和風パネルづくりで話題性を広げれば、成長が可能と考えた。
また、コーディネーターが逐一状況を確認して、経営の基礎的知識を伝えていった。

展示・即売会を実施 新たな作風にも挑戦

  完成した自社オリジナルのファブリックパネルを広く知ってもらうために商品展示・即売会を行うことを提案した。開催にあたっては告知が必要であることも相談者に知ってもらい、情報発信の手段としてSNS等のネットワークの形成、プレスリリースの活用が有効だと伝えた。
さっそく、相談者はSNSで告知を実行。また、高島ちぢみや西陣織を使用した和テイストのパネル、ヨーロッパテイストのパネル等を出展し、新たな試みとして八角形パネルなどのほか、木製建具手加工作業技能士とのコラボによる行燈もプロデュースし出品した。
また、経営ノウハウを身につける一環として事業計画書を作成することを勧めた。

展示・即売会は好評 今後の課題も明確に

  商品展示・即売会での売れ行きは好調。今後は、日本の伝統産業や風習を活かした海外向け商品を拡充し、外国人観光客が訪れるショップでの販売も視野に入れている。また、百貨店のバイヤーにも地域密着型のブランド商品として売り込みも考えている。
相談者は当拠点に訪れたことにより、今後とるべき行動が明確になったようである。相談者本人も「手段・手法を親切丁寧に教えてもらい、人のつながりによって商品を紹介してもらえるようになった。これからは、贈答用として、お客様に感激してもらえるような商品づくりを模索していこうと思う」と語った。

支援の流れ
01
趣味のファブリックパネルでビジネスを起こしたいが、事業の方向性に悩んでいた
02
和テイストの商品づくりをアドバイスし、商品の展示・即売会の実施、告知の方法も助言
03
SNSでの告知の効果もあって展示・即売会は好評
04
相談者は経営の知識を得て、さらなる販路拡大の方向性も見えてきた
支援した拠点

滋賀県よろず支援拠点

関連記事